個人事業主に必要な確定申告について

個人事業主に必要な確定申告について

申告納税制度を採用している日本では、自身が行う申告で税額が確定し納税が義務付けられています。サラリーマンであれば会社が代わりに行なってくれますが、個人事業主であればそうは行きません。サロンを開業すると決めたら、確定申告の仕方も学んでおきましょう。

1確定申告とは?

確定申告とは?

確定申告とは、個人事業主など自身で事業を行う場合に、サロンオーナー自身で税金を支払うために行う手続きの事です。自宅サロンなどを行う場合、所得金額(売上げ―経費)が38万円以上になれば確定申告を行わなければなりません。

 

いつまでに手続きすればいいの?

1月1日~12月31日までの1年間の所得をもとに「翌年の2月16日~3月15日の間」に税務署へ申告します。郵送で提出する場合、「消印の日付が提出日」と見なされるため締切当日に郵便窓口で受け付けてもらえば間に合います。

 

申告書の用紙はどこでもらうの?

確定申告書は、税務署窓口でもらう事ができます。また、地域によっては市区町村役場にも用紙が置いてある事も。税務署に行けないという人は、郵送料はかかりますが取り寄せる事も可能です。その他、インターネットで「確定申告書 用紙」と検索すると国税庁の確定申告書用紙をダウンロードする事もできます。

 

申告書の用紙にはどんな種類があるの?
  • 確定申告書A
  • 確定申告書B
  • 確定申告書第三表(分離課税用)
  • 確定申告書第四表(損失申告用)
  • 確定申告書第四表(損失申告用)付表(東日本大震災の被災者の方用)
  • 確定申告書第五表(修正申告用)

2どの確定申告書を提出するの?

確定申告書は6種類の用紙に分かれ、サロン開業をしているオーナーはどれを使って申告すれば良いのか迷ってしまうでしょう。個人事業主が営む事業から得られる収入は「事業所得」となるため、「確定申告書B」を用いて申告します。

 
◆確定申告書Aで申告する所得

給与所得
会社からもらう給与やボーナスによる所得

雑所得
公的年金や個人年金、講演料などの所得

配当所得
株や出資などの配当金や分配金による所得

一時所得
生命保険の満期金や懸賞当選金など

 
◆確定申告書Bで申告する所得

事業所得
サービス業や農業、商工業などによる所得
個人事業主が営む事業から得られる所得

譲渡所得
自動車や貴金属などの資産を譲渡した事による所得

利子所得
金融機関の利子など、利子として受け取った所得

不動産所得
土地や建物、地上権、航空機などの貸付による所得

 
◆確定申告書Bと申告書第三表(分離課税用)で申告する所得

退職所得
退職金や退職一時金などの所得

山林所得
山林の伐採や譲渡による所得

その他分離課税
株式等の譲渡所得
土地建物等の譲渡所得
FX、先物取引の雑所得

※事業所得、譲渡所得、利子所得、不動産所得以外の所得がある場合に必要

 

3確定申告書Bの書き方

確定申告書Bには、「第一表」と「第二表」があり2つをセットと考えます。申告書の書き方としては、まず「第二表」から記入していくようにしましょう。申告書がどのような構成になっているかを説明します。

 
◆確定申告書B第一表
確定申告書Bの第一表のサンプル
1:住所、氏名、マイナンバー
2:収入金額
3:所得金額
4:所得控除金額
5:税金の計算
6:銀行などの金融機関の口座番号
 
◆確定申告書B第二表
確定申告書Bの第二表のサンプル
7:住所、氏名
8:所得の内訳
9:配当所得、雑所得
10:所得控除の内容
11:住民税、事業税などの納付方法
 

確定申告書Bの書き方

確定申告書Bの第一表と第二表のサンプル
①収入を書く

はじめに1年間の総合課税にあたる収入を第二表の「所得の内訳」に記入すること。それをもとに第一表の「収入金額」を記入していきます。

 
確定申告書Bの第一表と第二表のサンプル
②所得を書く

第一表の「所得金額」の記載は、収入と所得の違いに注意しましょう。収入が得たお金に対し、所得は収入から経費(サラリーマンの場合、給与所得控除)を差し引いた金額を指します。「給与所得控除」は年収によって異なるので、下記速算表で確認しましょう。

 
確定申告書Bの第一表と第二表のサンプル
③所得控除を書く

まず、第二表の「各控除」に該当する所得控除を記入します。それをもとに、第二表の「所得から差し引かれる金額」を記入します。

POINT

所得控除・・・所得から差し引く事ができる(全14種類)

税額控除・・・税額から差し引く事ができる

所得控除の種類や金額が多いほど「節税効果」があります。適用される所得控除を漏れなく記入しましょう。

 
確定申告書Bの第一表のサンプル
④課税所得金額を書く

第一表の「課税される所得金額」に、所得金額(合計)から所得控除額(合計)を差し引いて記入します。「所得金額(合計)-所得控除額(合計)=課税所得金額」となります。

 
確定申告書Bの第一表のサンプル
⑤所得税額を計算する

第一表の「税額」を記入するには、④で記入した「第一表・課税される所得金額」に所得税の税率を掛けます。所得ごとに税率が異なりますので、速算表で確認しましょう。

POINT

税額控除 例)・・・住宅ローン控除、配当控除、外国税額控除、災害減免額、政党等寄附金特別控除など

確定申告書Bは確定申告書Aに比べて記入項目が多く、どんな職種の人でも使える様、汎用性があり広い範囲をカバーする申告書になっています。その分、記入するのが大変と感じてしまうかもしれません。サロンを開業して初めての確定申告は戸惑ってしまいますが、身に付けておいて損のない事ですよ。

4青色申告と白色申告について

個人事業主としてサロンを開業した人は、確定申告書Bでの申告の他に「青色申告」または「白色申告」でも確定申告をする必要があるのです。青色申告では、日々の売上や経費を「複式簿記」により帳簿をつけ、それらの合計額を確定申告書に記載して申告します。

 

青色申告は、確定申告をしようとする年の3月15日までに税務署へ「所得税の青色申告承認申請書」を提出または郵送します。

メリット

青色申告をすると、所得(売上-経費)から「65万円を控除」して所得税を計算してもらえます!それにより税金が安くなるのです。

一方、白色申告とは、税務署に「青色申告承認申請書を提出していない」個人事業主で自動的に適用される確定申告の事を言います。白色申告は簡単な帳簿作成で申告できるので、一定額の控除をして計算してもらえるようなメリットはありませんが、簡単に確定申告を済ませたい人向けの制度と言えます。

5確定申告書に添付する書類

確定申告書に添付しなければならない書類があり、給与所得の源泉徴収は必ず「原本」を添付します。そのような書類は、念のためコピーをして確定申告書の写しと一緒に保管しておきましょう。

  • 源泉徴収票(原本)
  • 住宅借入金等特別控除に関する書類
  • 保険料等の支払証明書
  • 医療費控除の明細書
  • 寄附金の受領証
  • 青色申告決算書(青色申告者)
  • 収支内訳書(白色申告者)など

確定申告で源泉徴収票の原本を提出した後に、他の手続きで原本を求められた場合には支払者である勤務していた会社へ再発行を依頼します。再発行してもらえなかった場合には、「源泉徴収票不交付の届出書」を源泉徴収票の代わりに提出します。

6もし、確定申告をしなかったら?

自宅などでサロンを開業したものの「よくわからない」「面倒だから」と言って申告を怠ってしまえば、本来納付すべき税額に加えて罰金(無申告税)の支払いや延滞税などの支払いが求められます。悪質な所得隠しの場合、刑事罰となる事もあるのでサロンオーナーになったからには、きちんと行うべき手続きはするようにしましょう。

無申告加算税
確定申告をすべき人がしなかった際に掛かる罰金
延滞税
期限までに税金を収めなかった人に掛かる利息
重加算税
過小申告した人にかかる罰金