事業計画書の書き方を知って、サロン開業時の融資を受けやすく!

事業計画書の書き方を知って、サロン開業時の融資を受けやすく!

事業計画とは、開業や独立に向けて事業の目標を実現させるために自分の考えを事業計画書に記し今後の戦略をまとめたものです。従業員や開業に携わる人へ理解してもらえるよう、分かりやすく書いていく必要があります。実行する計画を具体的に書き、開業してからもスムーズに経営できるように準備しておきましょう。

1事業計画とは

事業計画とは

    事業計画とは、サロンを開業するにあたり「経営計画」を具体化した文書のことです。また、融資を受ける際に「事業計画書」もしくは「創業計画書」といった形で金融機関に提出し、それにより融資が受けられるかどうか判断される事になります。

 

ちなみに、低金利で創業融資を行っている日本政策金融公庫では、「創業計画書」のフォーマットを提供し無料でダウンロード出来るようになっています。

 

2事業計画が必要な理由

事業計画は、事業の立ち上げや経営していく上で必要な資金を調達するために必要となります。事業内容や戦略、今後の収益の見込みなどを説明していく文書でもあります。

 
事業計画が必要な理由を示した図
 

資金を調達する上でも、きちんと返済見込みのある事業計画書がないと誰もお金は貸してくれません。そのためにも、自分の事業を客観的に見つめ直し事業計画を立てることが最も重要な事なのです。

3事業計画で最も大切な事とは

事業計画を立てる際には、今後の事業内容戦略収益の見込みなどをきちんと説明できる事が重要です。この事業計画を審査し、「本当に返済できるのか」という所を見極められます。

POINT

1.経営者の略歴等

2.必要な資金と調達方法

3.事業の見通し

提出する事業計画書には、あれこれ余計な事は書かずに必要な事をシンプルに記載するようにします。審査する側にとって見やすい文書であり、事業計画のイメージをしやすいものにする事を心がけて下さい。

 

4事業計画の立て方

1事業全体の構想をたてる

どうして開業したいのかという理由や事業に対する考え方、将来どのように事業を展開していきたいかなど、全体的に構想を立てていきます。また、市場調査をおこない、開業して利益を上げられるようにしていくにはどうするべきか戦略を練っていきます。

 

全体の構想では次のような事を考えていきましょう。

POINT

・開業の動機

・事業の概要

・市場の状況

・将来の目標

・課題

 

2具体的な事業内容を決めていく

サロンでお客様に提供していくサービスの特徴や、提供方法を決めていきます。それらの特徴が、ターゲットとするお客様に合うものなのか煮詰めていきます。

 

その他にも、販売計画や設備や使う商材なども検討し、さらには雇用する人数なども確定し事業の利益率などを把握していきます。

 

具体的に決めていく内容として代表的なものはこちら。

POINT

・事業内容と特徴

・販売計画

・仕入、設備計画

・人員計画(組織等)

・業務フロー

5融資を受けるためには事業計画書が必須!

金融機関から融資を受けるために、自分のサロンを知ってもらうことが必要!そのためにあるのが事業計画書なのです。「なんだか決めることがいっぱいあるけど、事業計画書には何を書けば良いの?」と悩んでしまう事もあると思います。事業計画書に記載されていると良い項目を紹介しますので、いくつかピックアップして作り上げて下さい。

 

Check

  • 創業者のプロフィール(創業メンバーもあると尚良い)
  • 開業の動機
  • 理念、目的、コンセプト
  • 事業の概要
  • ターゲット顧客
  • サービスの特徴や強み、セールスポイント
  • メニュー
  • 店舗のイメージ(内装、外装、立地)
  • 市場の状況、競合の分析
  • 人員計画(組織等)
  • 集客予想(指名客、チラシ、net、フリーペーパー、口コミや紹介)
  • 販売計画、マーケティング戦略
  • 仕入れ、設備計画
  • 売上の見込み
  • 損益計算書の予想
  • 開業資金がどれくらい必要か

 

事業計画書を書く時に悩んでしまうと、時間ばかりがかかってしまい前へ進まなくなってしまいます。まずは、計画書をざっくりと書いてみて方向性を決めていくのも良いでしょう。書類を作るというより将来のことを想像しながら楽しんで書き進めて行くと良いですよ。