個人事業主の屋号について

個人事業主の屋号について

夢だった開業で、想い描くサロンが出来上がり新しい環境にわくわくします。そんな時、サロンにどんな名前を付けるかも楽しみの一つ。法人の場合、「株式会社○○」と会社名があるように、個人事業でサロンを始めるときにも会社名となる屋号があると便利です。サロンのターゲットに合わせて親しみやすい屋号を付けられると、多くの人に覚えてもらえるでしょう。

1屋号とは

屋号とは

    屋号とは、個人事業者が使用する商業上の名前のことです。店舗の名前や事業の名称として使用します。税務署に提出する開業届などにも屋号欄が存在し、事業を始める場合には銀行口座をプライベートときちんと分ける事が出来るので大変便利です。また、業種が増えた時には、2種類以上の屋号を持つ事も可能です。

2屋号は必ず必要なの?

個人事業主の屋号は必ずしも必要なものではありません。

法人の場合、代表者は会社と別人格であるため必ず「○○株式会社」と名前をつける必要がありますが、個人事業主の場合は個人名義で事業を行う事も可能です。

屋号を付けた方が良い理由

  • 個人名義のままだと取引先に不信感を与える可能性がある
  • 個人名義より屋号の方が顧客に覚えてもらえる

3屋号は後からでも変更可能?

屋号を後から変更する事は可能です。一度は付けてみたけれど「やっぱり変えたい!」と思ったり、「心機一転気持ちを入れ替えたい!」なんて時にも変更可能。しかし、せっかく顧客や取引先に覚えてもらった屋号を変えてしまうと、もう一度覚えてもらわなくてはいけませんし何度も変更すれば不信感も与えてしまうので注意が必要です。

屋号の変更方法

  • 変更するための届け出は不要
  • 確定申告をする際に新しい屋号を記入する

4屋号はどんな時に使うの?

個人事業主で屋号を決めると、請求書領収書などの記入で屋号を使う事になります。また、銀行などでの口座開設融資を受ける場合にも、申込書に屋号を記入します。このように屋号を使う事が多くなるので、必要に応じて屋号が記載されたゴム印を作っておくと郵送物などにも押せて便利です。屋号をどんな時に使うのかを見ていきましょう。

 

  • 開業届を記入する時
  • 請求書や領収書を発行する時
  • 事業用の口座開設を申込む時
  • 融資申込書を記入する時
  • 収支内訳書、または青色申告決算書を作成する時
  • お店の看板を作る時

5屋号の付け方

屋号を付けるポイントとして、お客様の印象に残し覚えて頂けること。あまりに長すぎたり複雑な文字を使ったりすると、名前を覚えてもらえません。自分自身も書類を書くときに間違えてしまったりと問題が増えていきます。その点も考えて命名すると良いでしょう。

 

サロンを経営する場合

サロン名と屋号を一緒にするのが一般的です。また、複数店舗を経営している場合には屋号の取扱に注意が必要です。A社とB社で違うサービスなのに屋号をA社にしてしまうとややこしくなってしまうので、サロン名以外で屋号を付けてもよいかもしれません。

アルファベットや数字は使ってよいの?

屋号の付け方には特に決まりがないため、アルファベットや数字を使っても問題はありません。ただ、アルファベットに親しみが薄い世代のお客様をターゲットにしているのであれば控えるといった配慮も必要となります。フランス語やドイツ語など、発音しづらく読みにくい単語を使ってしまうと覚えてもらえない可能性があるので注意しましょう。

長さの決まりは?

屋号の文字数にも制限がないため、長さも自由に付けられます。しかし、長すぎても覚えづらく使いにくくなってきます。簡単に略しやすいものであれば問題ないのですが、印鑑を作ったりSNSに投稿したりと文字のバランスが悪くならないように考慮しておきましょう。

他社と似ている屋号はNG?

少し似ている位であれば問題ないのですが、世間一般に有名な製品や会社名に近い名前は避けた方が良いでしょう。法人に比べて個人事業の方が、商標や商号などで問題になる事は少ないと言われていますが、他の屋号と被りたくない場合には、一度、検索エンジンで既にその名前でサロンを出している企業がないか確認しておきましょう。

6避けたほうがいい屋号はあるの?

個人事業主に対してつける名称のため、誤解を招くような命名は禁止です。基本的に付け方が自由な屋号ですが、下記のことには気を付けておきましょう。

 

「株式会社」「合同会社」「○○コーポレーション」など

会社でないのに「株式会社」などを屋号に付けてしまうと、法人格や会社を想像させてしまいます。このような名称はみとめられていませんので注意して下さい。

「銀行」「病院」「大学」「証券」など

こちらも同様で、銀行でないのに「銀行」と屋号に付けたり病院でないのに「病院」と付けてしまうのはNGです。

記号「、」「。」など

屋号には使用して良い記号が決められています。「、」や「。」は使用禁止とされており使える記号は下記の6種類のみです。万が一、記号を使うことになったらこの6種類から選ぶようにしましょう。

使用可能な記号

    &(アンド)

    ’ (アポストロフィ)

    , (コンマ)

    −(ハイフン)

    , (ピリオド)

    ・ (中黒)

 

商標登録されている名称

少し似ている位であれば問ないのですが、先に商標登録されている屋号については、同一市内での利用は法律上認められていません。インターネットで商標登録について検索できるので、屋号の候補が上がったら同一の名称が登録されていないか確認しておきましょう。さらには、法務局で屋号調査を無料でおこなってくれますので、二重で調査しておけば安心です。